• ホーム
  • 組合員ホテル一覧
  • 理事長挨拶
  • 沿革
  • 組合概要
  • 入会のご案内
  • お問合せ
  • 指定業者一覧

理事長挨拶

 組合員並びに指定店会の皆様には、益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
 平素は、組合運営に対しまして温かいご支援とご理解を賜り衷心より厚く御礼申し上げます。

 昨年は、訪日客が10月度において既に2000万人を突破いたしております。「爆買い」 「爆泊」等の新語が生まれた一作年とは違い我が国の良さを求めて来日されるリピート客及び個人客が増加しているのではないかと感じております。このような状況下、2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されるまでには4000万人を超える方々を迎え入れる方向性で検討されている事も事実であります。また、IR統合型リゾート法案が可決されその候補地として大阪に白羽の矢が立つことの可能性も十分高くさらに2025年国際博覧会の誘致に向けて知事初め多くの方が共に邁進されておられます。これら全てが成就したあかつきには、6000万人の訪日客が見込まれると考えます。この千載一遇の好機を見逃すことは将来に禍根を残す結果にもなりかねなく業界挙げて対策に取り組んでこそ明るい日差しが舞い込んでくると確信しております。確かに、多くの課題が存在している事も事実であります。しかし、黙って手を拱いてはいては前に進むことが出来ません。

 私共業界も民泊業者との間に色々と軋轢が生じまた違法業者が多数存在している事も承知しておりますが、それら諸問題は行政のもとしっかりとした法手続きを執って頂くことによって解決できると信じております。

 先人達が、業界発展の為心血を注いだことを考えれば乗り越えられないことは有りません。自信もって進んでこそ未来に展望が見いだされると確信しております。今こそ足元を固め将来に向けて棘の道を歩いて参る所存です。それには、組合員並びに指定店会の皆様方の協力なくしては達成できるものでは有りません。

 私は、皆様方と活発な意見交換を行い組合運営並びに諸事業を積極的推進すると共に地域社会と密接な関係を構築しながら社会貢献に努めてまいりますので、今後とも尚一層のご支援とご協力を賜らんことを切にお願い申し上げます。

平成29年 1月 脇田 克廣